ビジネスが止まらない企業間決済

ベンチャー企業のためのお役立ちコンテンツ

サブスクリプションビジネス・継続課金 継続課金 サブスクリプション とは メリット・デメリット 業務効率化

口座振替サービスとは?~手数料目安と導入企業が得られるさまざまなメリット

代金の回収方法は複数存在しています。銀行口座への振り込みが一般的ではありますが、この方式では、入金確認の手間や未入金のリスクなどを常に抱えることになります。こうした手間やリスクを削減できる手段が、口座振替サービスです。口座振替サービスとはどのようなものなのか、その特徴とメリットを見ていきましょう。

目次
  1. 口座振替サービスとは?
  2. 口座振替サービスの代行手数料目安
  3. 口座振替サービスのメリット
  4. 掛売りで発生する業務の代行サービス
  5. まとめ

口座振替サービスとは?

口座振替サービスとは、各金融機関の口座を通じた決済手段のひとつです。定期購入サービスに最適な決済方法であり、代金回収を効率化できます。口座からの自動引落方式となるので、お客様の支払い忘れの防止にも効果的で、家賃支払いや雑誌の定期購入など、業種を問わず幅広く利用されています。
引落しの口座はお客様が指定した口座になります。専用の申込用紙に必要事項を記入してもらい、口座振替の登録を行うのが一般的な流れです。この作業さえ完了すれば、あとは自動で引落処理が開始されます。

口座振替サービスの代行手数料目安

口座振替サービスを利用する際には手数料が発生します。金額や名目は代行会社により異なるため、複数の代行会社の比較・検討が必要です。
いずれのサービスにも共通する手数料として、決済手数料と振込手数料の2つがあります。請求1件ごとに掛かる決済手数料は85円と比較的低価格なものから、決済金額の何%といった割合で計算するものまで、幅広い設定になっています。また、代行会社が集金したお金を振り込むための手数料も必要になります。

口座振替サービスのメリット

口座振替サービスには、さまざまなメリットがあります。代行会社も複数存在しているので、自社にあったサービスを選ぶことが可能です。
それでは、口座振替サービスを導入した際のメリットを具体的に見ていきましょう。

どの金融機関でも口座振替が可能

口座振替サービスの利用により、各金融機関の口座での支払いが可能になります。会社で口座振替請求をしようとした場合、手間や労力を考えると契約する銀行は限定されてしまいます。また、毎月各金融機関にそれぞれ振替請求を行うのは困難です。お客様にその金融機関の口座を作ってもらうという方法もありますが、現実的ではありません。
これらの問題は、口座振替サービスを取り扱う代行会社に依頼することで一気に解消されます。

多くの人にサービスの提供ができる

口座振替サービスを利用すれば口座から毎月自動引落で代金が支払われるため、お客様が支払いのために銀行やコンビニへ行く手間や、振込手数料の負担を削減できます。また、自動で引き落とされるため支払忘れもなくなります。毎月決まった日に決済されるため、管理がしやすくなることもメリットです。
クレジットカード払いに抵抗を感じているお客様に対しても、銀行口座からの引落なのでセキュリティ面での不安を払拭できます。クレジットカードを持っていない方でも支払いができるため、より幅広い層に向けて、サービスを提供できるようになります。

未回収リスクの減少

お客様が意識することなく支払いが完了するため、サービスが続く限り引き落としは続きます。その結果、途中解約の割合が下がり、継続力がアップすることも口座振替サービスのメリットです。
また、自動で代金が引き落とされるため未回収リスクも減少し、安定した売上の確保が可能になります。決済代行会社によってはオプションで残高不足による回収不能分の保証を行っていたり、債権回収代行サービスを行っていたりと、確実に代金を回収できるため、口座振替サービスはリスクヘッジにも有効な手段です。

安価な手数料と手厚いサポート

口座振替サービスを利用する際のコストは、銀行振込やクレジットカード決済など一連の決済作業と比較しても、一般的に安価です。
また、代行会社によっては多岐にわたるサービスを展開しているため、自社サービスに適した導入方法を提案してくれ、作業効率をアップするためのサポートを受けられます。

掛売りで発生する業務の代行サービス

BtoB掛売り決済サービス「Paid(ペイド)」は、すべての取引を掛売り(後払い・請求書払い)にできることはもちろん、口座振替サービスにも対応しています。
BtoBのサブスクリプションビジネスにおいては、決済手段として口座振替を検討することが多くなりますが、Paidを利用すれば簡単に口座振替を開始できるようになります。さらに、Paidは口座振替だけではなく、銀行振込やコンビニ払いにも対応しているため、企業はPaidを導入するだけでBtoBにおける主要な支払い方法に対応することが可能です。

また、Paidが無料オプションとして提供している「定額自動請求」という機能を利用すれば、最初に顧客情報と請求金額・請求日を登録するだけでOK。その後は自動で取引先に代金を請求し、入金確認や督促まで行ってくれます。売掛金の保証も付いているため、未回収の心配もありません。さらにAPI連携すれば、完全に自動化することもできます。サブスクリプションビジネスにぴったりの決済手段と言えるでしょう。請求業務は毎月発生するものですが、Paidを導入すれば業務負荷を気にせずビジネス拡大に注力することが可能になります。

まとめ

口座振替サービスの利用メリットは多数あり、リスクも手間も削減できるため、導入している企業は少なくありません。また、代行サービスを利用すれば、口座振替を手間なく導入することが可能です。代行会社を検討する際には、ぜひ自社に適したサービスを提供しているのかの観点から比較してみてください。

BtoB掛売り決済サービス Paid導入事例 事例を詳しく見る BtoB掛売り決済サービス Paid導入事例 事例を詳しく見る