ビジネスが止まらない企業間決済

API連携サービス

API連携でストレスのない請求フローを実現します。

Paidでは、貴社の社内基幹システムやECサイトと柔軟に連携できるAPIをご用意。
すでにお持ちのスキームを活かしつつ、請求を自動化できます。

API連携で実現できること

  • 請求データの入力が不要

    請求に必要な顧客データや注文データをPaidに自動で送信できるので、手動での入力作業は必要ありません。

  • リアルタイムにデータ取得

    与信結果や利用可能額をリアルタイムに確認することができ、よりスムーズに取引ができます。

  • サービスの不正利用を自動検知

    なりすましや取り込み詐欺の疑いがある取引を自動検知できるため、金銭的な損害やトラブル等のリスク軽減が可能です。

データの自動送信・取込みが可能になり、 請求にかかる作業をすべて自動化します。

カート(ECサイト)

外部データベース(基幹系システム)

社内データベース(Webサービス)

連携イメージ

必要なデータを自動でPaidに送信。
処理結果もAPI経由で返答します。

貴社
サービス内で登録された受注・顧客データ
Paid
取引先の与信結果・限度額

決済方法の選択画面で「Paid」を選択した受注データや、データベースで管理している月額の課金額を請求データとして自動で送信できます。また、その金額が取引先の限度額内かどうかもリアルタイムに確認できます。

提携先一覧

下記ASPをご利用中のBtoBサイト運営者様は、すぐにPaidを導入いただけます。
※提携先以外のショッピングカートでもPaidの導入は可能です。
別途お問い合わせください。

API連携サービスに関するお問い合わせはこちら

問い合わせる