Paid NEWSPaid NEWSトップ

プラネット・テーブルが運営する農畜水産物の新たな流通プラットフォーム「SEND」に、サービス提供開始。

このたび「Paid(ペイド)」は、プラネット・テーブル株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役:森 雅俊、以下 プラネット・テーブル)が提供する農畜水産物の流通支援プラットフォーム「SEND(センド)」の決済手段として導入されました。

「SEND」は、生産者と買い手を繋ぎ、産地の農畜水産を都市部の8,000軒の飲食店を中心とした需要者に循環させ、地域の農畜水産の持続的な発展・活性化を目指し提供するサービスです。需要者のニーズをフィードバックすることで、産地が抱える生産品目や生産量、販路などの悩みも解消することができ、産地と消費者間での情報ギャップを解消することができる環境を実現します。

「SEND」を利用する飲食店は銀行振込しか決済手段がありませんでしたが、「Paid」を導入することで、銀行振込・コンビニ支払い・口座振替と選択肢が広がり、顧客の利便性向上につなげることができます。

詳しくはこちら↓
https://news.raccoon.ne.jp/press/2020/3542/

本件に関してご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。