導入企業数3000社突破 決済から始まる新しい経営支援 導入企業数3000社突破 決済から始まる新しい経営支援

成長の軌跡

導入企業数の推移

導入企業数(社)

おかげさまでPaidは導入企業数3000社を突破しました。これもひとえに皆さまのご支援の賜物とお礼申し上げます。
これまでPaidは「決済」を通じて、ベンチャー・中小企業の経営を支援してまいりました。
今回3000社突破を記念して、中小企業の現状と課題、そこでPaidが解決することをまとめました。

中小企業の現状

日本では73%以上の企業が
設立10年以内に倒産・廃業しています。

優良経営を行っている中小企業であっても、安定した経営を
揺るがす課題を抱えているのが現状です。

中小企業庁「第1部 2005年度における中小企業の動向」 より)

Paidが解決すること

その1労働生産性を向上させます

中小の課題人手不足による低い生産性

労働生産性

中小企業は人手不足による業務効率化の遅れが原因で、大企業と比較すると生産性が52%も低く、企業の成長の妨げになっています。

(中小企業庁「第1部 平成27年度(2015年度)の中小企業の動向」より)

Paidで解決営業だけに集中できる環境を創出
Paidはすべての請求業務を代行。間接業務にかかっていた時間を有効に使えるだけでなく、営業は営業だけに集中できるので生産性が向上します。

その2融資を受けやすくなります

中小の課題信用度が低く融資が受けにくい

金融機関の貸出態度DI

安定した経営をしている中小企業であっても、大企業と比較すると情報が見えづらく、金融機関は融資しにくいのが現状です。そのため、中小企業は大企業よりも借り入れが厳しいと感じています。

(中小企業庁「第2部 中小企業の稼ぐ力」より)

Paidで解決未回収をなくして企業の信用度を向上
Paidは取引代金を100%保証します。未入金リスクがなくなることで経営が安定するので、企業としての信用度が向上し、融資も受けやすくなります。

その3資金繰りを改善します

中小の課題資金不足で資金繰りが厳しい

資金繰りDI

成長に欠かせない設備投資や人材育成に十分な先行投資を行いたいと考える中小企業。積極的な挑戦を続けたいと思っても、多くの企業は資金繰りが厳しい現状にあります。

(中小企業庁「第2部 中小企業の稼ぐ力」より)

Paidで解決早期資金化でキャッシュフローを改善
「Paid早期払い」で売上の早期資金化を実現し、キャッシュフローを改善。資金不足による機会ロスを防ぎ、柔軟な事業展開を可能にします。

※「Paid早期払い」は有料オプションです。

より多くの信頼に応えられる決済サービスを目指していきます

事業の成長に繋がる決済戦略を提案します。営業チーム

期待+1の精神でお客様の要望を実現します。サポートチーム

より良いPaidを目指して成長し続けます。営業チーム

あらゆるニーズに応えられるよう尽力します。サポートチーム

円滑なお取引をお手伝いいたします。サポートチーム

企業に寄り添って運用をご支援します。営業チーム

培った知識を活かし丁寧にサポートします。サポートチーム

企業の皆様と一緒に課題解決に取り組みます。営業チーム

Paidの支援実績

今後も決済を通じて皆様の成長に貢献していきます

現在、企業を取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。特に働き方改革という旗が掲げられ、生産性の向上が国の重要課題となっている中、
Paidに求められる役割も広がりを見せています。これからも皆様の声に耳を傾け、チャレンジを忘れることなく進化を続けて参ります。
今よりさらに皆様に必要とされるPaidに。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。