労力は請求業務じゃなくてコンサル業務に使いたい!

株式会社ギブリー コミュニケーションプランニング事業部 マネージャー:小谷田 太河 様

78686_03

Webに強くても、ソーシャルまわりが弱い企業はまだまだ多い

事業内容を教えてください。

ソーシャルメディアを中心としたマーケティングのコンサルティングをしています。その中での取り組みとして、LINE@アカウントの販売と運用支援をしています。

コンサルティングの強みを教えてください。

LINEやFacebookを始めとしたソーシャルメディアの企画・運用力に強みを持っています。特にLINE@は利用の幅が広く、使い方次第で成果に差が出ます。そのため文言一つや絵文字の使い方から、他SNS等と組み合わせてどうやったらお店に来てもらえるのかをお客様の状況に合わせて考えています。いかに顧客とコミュニケーションをとり、結果としてコンバージョン単価を下げていくのかが重要です。LINE@を効率的に、そして戦略的に使うとコンバージョン単価が5000円から2000円に下がったケースもあるほどです。Webに強くてもソーシャルまわりは弱い企業もまだまだ多く意外と知られていない情報も多いので、弊社の強みはそういった部分を総合的にコンサルティングできることです。

78686_02

労力は請求業務じゃなくてコンサル業務に使いたい!

Paidの導入を検討したのは、LINE@のアカウント販売がきっかけですか?

そうですね、販売件数が多かったので自社で請求業務を行うのは難しいと感じました。別の事業では銀行口座の引落しで対応していましたが、登録用紙に直筆での記入と社印が必要だったため、登録にとても時間がかかっていました。そこでもっと便利なものがないのかと探し、Paidを使うことになりました。Paidだと先方に了承をとってこちらで代理登録できてしまうので、圧倒的にスピードが早いです。

Paidを使ってみてどうですか?

管理画面がシンプルで使いやすいです。またCSVで一括登録もできるのですごく助かります。もっと早く導入しておけばよかったと思っているほどです。お客様に対して、登録用紙を書いてくれ!という営業マンの労力をコンサル業務に回したいという気持ちが大きかったので、Paidにお任せしたいと思いました。

営業電話の架電件数が2倍になりました

業務負担は減りましたか?

だいぶ楽になりましたね。LINEから請求情報が届けばすぐPaidに請求内容を登録できるので、そのスキームをつくれたところがメリットだと感じています。
回収周りもPaidを利用する前までは営業がやっていました。支払いを忘れている企業や、電話が繋がらない企業も多く時間のロスも多かったので、その部分がなくなって良かったです。本来の営業としての体制が整い、電話に集中できる時間が増えました。架電件数はPaid導入前の2倍にまでなっています。

78686_04

お客様にはどうやってPaidを案内していますか?

基本的には営業電話の際に一緒にPaidの話をしています。同意いただけたら弊社がお客様の情報をPaidに登録します。大体スムーズに理解してもらえますが弊社の場合、”弊社”からでも”LINE”からでもなく”Paid”から請求がいくという点が少しややこしいと思われることもあります。請求の部分はしっかり理解していただきたいので、なるべくシンプルに説明できるように心がけ、口答の説明で伝わらない場合は資料を送ったりもしています。

Paidへの要望があれば教えてください。

弊社のお客様がしっかり支払いをしているのかどうかが画面上で見えればいいなと思うことはありますね。Paidに全てお任せしてしまえるのがメリットではありますが、実際にそのお客様がきちんと支払いをしているのかは少し気になります。

78686_04

今後のビジネスの展望を教えてください。

KPIの数値をエクセルで社内管理できるサービスを提供していますが、これをツール化してもっと簡単に使っていただけるようにしたいと考えています。KPIって上手く管理できていない企業も多いので、誰でも簡単に使える便利なツールを用意したいですね。ツールに数字を入れたらKPIの管理だけでなくアドバイスまで出てくるような機能もつけて、経営者側がそれを見てすぐに判断できるようにできればいいなと思っています。そのツールと広告の出稿ツールを連動させたり、そこにコミュニケーションツールなどをつけても面白いかなと色々考えています。

プロフィール

会社名 株式会社ギブリー
住所 〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
事業内容 ・サービス開発事業
・インターネットコンサルティング事業
・リクルート事業
・エンジニアリソースマネジメント事業

関連記事