ビジネスが止まらない企業間決済

セミナー詳細

最新・倒産動向から考える「2021年の正しい与信管理」

~保証実績12万社超の売掛保証サービス審査担当が徹底解説~

日時
2021/6/24(木) 14:00 - 15:15
参加費
無料
会場
オンライン(Zoom)

新型コロナウイルスの影響で飲食・アパレル・宿泊・旅行・小売業をはじめとする事業者の経営破綻が報道される昨今。関連業界への影響も懸念されています。また、収束が長引くほど小・零細企業を中心に今後もコロナ関連破綻は増加することが予想されます。

企業間(BtoB)取引では、そうした取引先の倒産による未回収や連鎖倒産などのリスクが高まっているのが現状です。

そこで今回のセミナーでは、最新の倒産状況を徹底解説したうえで、コロナ禍でも安心して取引するために必要な与信管理の方法について解説します。

こんな方におススメです!

  • 現状の与信管理の方法に不安を感じている
  • 非対面での取引が増え与信管理ができずに困っている
  • 今まで与信管理の体制が整っていなかった
  • 与信管理の仕組みを作るのに何から手を付けていいか分からない

スケジュール

1

最新の倒産状況について 14:00 - 14:30

政府が持続化給付金をはじめとする支援策を打ち出しているため、コロナ禍での倒産件数は低水準にとどまっています。しかし、経済が回復しなければ債務超過に陥る企業が続出することも予想されます。そこで、本パートでは最新の倒産状況について具体的な数字を交えながら紹介した後、今後想定される経営破綻の動向についてお伝えします。

小林 邦洋 株式会社ラクーンフィナンシャル審査部長

2

コロナ時代に必要な与信管理とは 14:30 - 15:00

これまで取引先を訪問したり商談することで与信OKとしていた企業も、コロナ禍では倒産が増えていることに加え、非対面での取引が当たり前になる中で新しい与信管理の仕組みが必要となっています。どんな情報を集め、どんな分析をすればいいのか、与信管理の具体的な方法を説明します。

松田 大介 株式会社ラクーンフィナンシャル売掛保証チーム

質疑応答
15:00 - 15:15

登壇者のご紹介

小林 邦洋 株式会社ラクーンフィナンシャル審査部長

2010年、株式会社トラスト&グロース(現:ラクーンフィナンシャル)に入社後、企業の売上拡大、リスクコントロールを目的としたコンサルティング業務に従事。2016年からは売掛保証サービスの根幹となる、中小企業の与信審査・与信管理業務に従事。現在に至る。

松田 大介 株式会社ラクーンフィナンシャル売掛保証チーム

株式会社トラスト&グロース(現:ラクーンフィナンシャル)創業メンバーとして参画。地方拠点の立ち上げ、営業部長を経て、オンライン完結型の売掛保証サービス「URIHO」の立ち上げに携わる。現在は大口顧客のフォロー、提携金融機関の開拓に従事。