導入事例導入事例トップ

未回収の不安がないので売上だけに集中できます

株式会社坂ノ途中 代表取締役:小野 邦彦 様

新規就農者の”ハンドメイド野菜”の販路を広げたい

事業内容について教えてください。

野菜を中心とした農作物、特に農薬や化学肥料を使わずに栽培されたいわゆるオーガニックのものを中心に販売しています。新しく農業に挑戦された方々のものを扱っているのが特徴ですね。彼ら彼女らが作る野菜は、農地条件などの影響からどうしても生産量は少量不安定になりがちなのですが、ちゃんと勉強して手間暇をかけて栽培しているので、品質はすごく高いんです。そういう野菜を弊社ではハンドメイド野菜って呼んでいます。新規就農を中心とする若手の農家さんが作った、量は少ないんだけどこれおいしいよねっていう野菜を売るのが我々の仕事です。

販路は、一般消費者に向けたネット販売がメインで、レストランなどの飲食店やスーパーや八百屋などの小売店向けに卸販売もしています。また、京都と東京で計4店舗の小さな八百屋も運営しています。

問い合わせを継続的な取引につなげたい

Paid導入のきっかけは?

弊社では年間400種類以上の様々な野菜を扱っているのですが、これだけの種類のオーガニック野菜を扱える会社は他にないと思っています。それに、新規就農の若手農家さんを中心に取引しているのも農業の世界では結構珍しいので、色々な方から問い合わせをいただきます。以前から後払い決済は行っていたのですが、お問い合わせをいただいてとりあえずまず野菜を送ってというのはハードルが高くて、なかなか積極的に継続的な取引をしましょうとなりにくかったんです。この状況を打開したいと思って、決済の代行サービスの導入を検討していました。

Paidに決めた理由は?

他にも検討していたサービスはありましたが、決め手になったのは管理画面の使いやすさです。社員に優しい会社を目指しているので、実際に社内のカスタマーサポートチームが使いたいサービスかどうかは重視しています。弊社の中でも、ITリテラシーが高いものからパソコンに不慣れなものまでいるので、誰でも使いやすいというのは条件の一つでした。
導入にあたっても、まず1、2社の取引先にテスト導入をして実際の社内フローと合うかを見て、問題ないと判断してから本格導入することにしました。今はお客様から問い合わせが来た際に、営業が卸の説明とセットでPaidを案内するようにしています。

売上を上げるだけ。営業の仕事がシンプルに

導入の効果を教えてください。

前向きに取引できるようになりましたね。実は今までに債権回収できなかったことが何例かあって、その経験からどうしても新しいお客様からせっかくお問い合わせをいただいても、ちゃんと支払いをしてもらえるのか疑心暗鬼になりながら取引を始めているところがありました。それがPaid導入後は保証の安心感があるので、営業は売上を上げることだけに集中できるようになり、仕事がシンプルになったのがいい変化だなと思っています。

Paidへの要望はありますか?

弊社では今は代引きを選ばれているお客様もいらっしゃるのですが、Paidの仕組みを理解したうえで代引きを選んでいるというよりは、よく分からないからという方が多い印象です。Paidがもっと浸透して当たり前の決済手段の一つになり、よりスムーズに選んでいただけるようになったらいいなと思います。

多くの人がネット上で野菜の売買をする未来へ

最後に、今後の展望を教えてください。

個人向けの野菜のネット通販が第一の事業の柱として確立できてきているので、これを追いかけるかたちで法人向けの事業にテコ入れをしたいと思っています。そういう意味で決済周りのことを気にしなくてよくなったというのは、一ついい条件がそろってきていると感じています。
今までは弊社が野菜を仕入れてお客様に販売していましたが、ちょっとビジネスモデルを変えてオンライン上で生産者とバイヤーさんが直接やり取りできる「ファーモ」というBtoBのマッチングサイトを作っています。弊社は、野菜を仕入れて小売店さんに卸してきたなかで、農家さんが法人向けに野菜を売るときに何が困るのか、あるいは法人の方が農家さんと取引するときに何に戸惑うのかがある程度わかってきています。それらをカバーし、弊社が事務局的に支えながら、多くの生産者と買い手がネット上で、リアルに会ったことがない人同士で交流して野菜の売買が行われる、という未来を作っていきたいと考えています。
現在はマッチング機能のみですが、今後は単純なECサイトではなく、中期的な農産物の生産スケジュールや情報のシェアができたり、発注・決済までできるような仕組みにしていこうと思っています。

プロフィール

会社名 株式会社坂ノ途中
住所 〒601-8311 京都府京都市南区吉祥院西ノ庄東屋敷町126
事業内容 新規就農者を中心とした提携生産者が栽培した「ハンドメイドな野菜」の販売(Webショップの運営)
オーガニックの生産者と買い手をつなげるサイト「ファーモ」の運営

関連記事